(追記)カンボジアにヒアリ(火蟻)はいるのか、日本での対処法・応急処置まとめ

日本国内にヒアリ侵入の可能性

www.asahi.com

(2017年6月19日に追記しました。)

 

朝日新聞の報道を読み、こんな蟻がいるんだとびっくりしました。

 

猛毒のヒアリ日本上陸、定住されると嫌ですね。

 

また公園で子供が遊べなくなりそうです。

 

といいつつ、カンボジアによくいるタイプの蟻も噛むので、虫には注意するようになっていたので、対処法もなんとなく思いつきました。

 

また、カンボジアにヒアリはいるの?ということについても調べてみました。

 

ヒアリがもし日本に定住したら?対処方法

 

もしヒアリが日本に定住してしまったら?と考えると非常に怖く感じるかもしれません。

 

しかしヒアリには一般的な殺虫剤が効きますので、家で寝ていたらいきなり右手に激痛が走り、アナフィラキシーでポックリなんてことはないと思います。

 

カンボジアでの虫に対する対処方法は、虫の通り道になりそうな玄関・窓などに予め殺虫剤をまいておくことです。

 

日本にもし定着しても、自分の家や庭をヒアリが住みにくい場所にしておけば良いでしょう。

(他の家よりも、ヒアリがすみにくい環境になっていれば、少なくとも自分の家には定住しません。防犯と似た考えです。)

 

カンボジアにヒアリはいるのか?

thecouragevibe.com

日本語で「カンボジア ヒアリ」と検索しても出ませんでしたが「Cambodia Fireant」で検索すると記事が出てきました。

 

どうにもカンボジアにはいるようです。

 

(ただプノンペンに住んでいた頃にはさすがに首都ですから見ませんでしたね。)

 

熱帯気候が好みのようですから、生息しているのは当然と言えば当然ですね。

 

ちなみにカンボジアの家はレンガ造りです。

 

蟻はレンガを噛み砕きますので、家全体が蟻の巣になってしまう可能性があります。

 

ホテルなどではバルサンなどを炊くのは難しいので、ドアや窓、蟻がはっていた場所などに殺虫剤を予めまいておくことで対処しましょう。

 

ヒアリの被害にあったらどうすればいい?

 

ヒアリにやられたと認識したら、応急処置を開始します。

 

まずマキロンなどで消毒するか患部を水で洗い流す。

 

毒針が刺さっているなら、ピンセットなどで抜く。

 

ここまでが応急処置になります。

(これしかできません。)

 

病院に連絡し、アナフィラキシーの症状がでないか様子を見る。

(もしヒアリにさされたことが確かなら、ドアの鍵は救急隊員のために開けておいたほうが良いでしょう。)

 

アナフィラキシーの症状が出てしまった場合、シロウトにはどうしようもありません。

 

ですが、少しでも症状を緩和させるために、毒はなるべく抜きましょうということですね。

 

※映画で昔よく見た、口で吸い出す方法は、不衛生かつ口内の傷から毒が回る可能性があるらしく絶対にやめましょう。傷のある指などでも同様です。

 

いやー、日本に定住しないといいですね。

 

日本での現在のヒアリ(火蟻)の動向について

 

headlines.yahoo.co.jp

こちらの記事によると、以前神戸の港のコンテナに侵入していたヒアリには産卵能力を持った女王アリや卵を運ぶ兵隊がいなかったようです。

 

(記事より抜粋)

確認された約100匹を殺虫剤で駆除したところ、卵や産卵能力をもつ女王アリなどは見つからなかったという。

 

記事を書いた後にもう少し調べたのですが、

 

いわゆる「蟻」は遺伝子的にハチの類縁らしく、「シロアリ」はゴキブリに近い遺伝子を持っているらしいです。

 

この記事でも、蟻はレンガを砕きますと紹介しているのですが、

 

日本の木造建築やコンクリート鉄筋のマンションだとどうなんだろう?と思い調べました。

 

家の中に 黒アリが出る原因と対策を教えて下さい。 和室の部屋に黒アリが... - Yahoo!知恵袋

小さい蟻が家の中マンションに大量発生?原因や駆除退治方法! | コタローの日常喫茶

 

こういった記事を参考にすると、どうも日本の住居でも断熱材や置いてあったダンボール、観葉植物の植木鉢などに巣を作るようです。

 

家の中に殺虫剤をまくことが出来ない家庭もあるかと思います。

(ペットや赤ちゃんの存在。)

 

その場合は、蟻の巣ころりなどの置きえさタイプの罠をしかけ、内部から巣を壊滅するのが良いでしょう。

 

第1の対策として、家の周りに殺虫剤を散布する。

 

第2に、もし家の中にもう蟻がいるようなら、蟻の巣ころりなどで駆除する。

 

これが日本にヒアリが定住してしまった場合の解決策ですね。