カンボジアの通貨リエルには日本国旗が描かれている

日本国旗が描かれている500リエル

f:id:cambox:20170615145021j:plain

5円玉には漢数字しか書かれていないので、外国人には不便ですねという記事を読みました。

news.yahoo.co.jp

 

実を言うと、カンボジア人の1や7の鉛筆での書き方も独特で、正直日本人には読みにくいです。

 

206号室だよと言われて鍵を渡されたのに、鍵の数字が216号室に見えて困惑したこともあります。

 

さて、写真の500リエルですが、日本円にして2017年の時点で14円くらいの価値の通貨です。

 

プノンペンにいたころは、たまに余ったのをまとめて4000リエルにしてチップで渡していました。

 

【目次】

 

カンボジア内で感じた日本のイメージ

 

この500リエルに描かれている国旗と橋を見なさい!これがカンボジアと日本の友好の証なんです的な記事もかかれたことがありました。

www.sankei.com

ただカンボジアで特別日本人が好かれているかというと、現実にはそうでもないと思います。

 

日本製は丈夫・壊れにくい、日本人は優しい(と同時に仕事では厳しい)などのイメージは持っていただいているとは思いますけれども。

 

プノンペンスタイル(新版/2017年3月) | 調査レポート - 国・地域別に見る - ジェトロ

 

こちらはプノンペンの今を分析されているJETROが配布している資料です。

 

ファッションのpdfを見ると、真似ているのは韓国という表記が見られます。

 

私が街中を歩いていて受けた印象も、唇の色が濃い韓国風のメイクの女性が多かったかなと思います。

カンボジアの人はとてもスリムなので、化粧栄えする美人が多かったです。)

 

ただ、車やバイクは日本製が8割以上を閉めています。

 

バイクならホンダ・カワサキプノンペン市内を走る車はかなりの割合でトヨタのレクサスかプリウスです。

 

エンターテインメントがやはり日本は苦手?

 

プノンペンに1ヶ月滞在してわかったのが、日本の話題が出てくる時って、色で言うと何だか茶色っぽいんです(笑)。

 

例えるなら、ODA、バイク、車、カメラ、仕事、和食・・・・。

 

そういえばプノンペンで英語を教えているカンボジア人と話したときも、ロボットが日本はすごいじゃん!みたいな話題になりました。

 

日本の話題って何だか仕事のような真面目な話題でしか出ないんですよね。

 

唯一仕事っぽくない話題と言えば、ジブリドラえもんクレヨンしんちゃん、とアニメの話でしたね。

ジブリのアニメなんかは日本語学校で教材にも使われているそうです。

 

あとは和食かな?

 

対して韓国とかは、見ただけで華やかそうなイメージを出すのがうまいなあと。

(中身はともかく)

 

何か売り出すときに、お、楽しそうと思わせるのは韓国の得意技な気がします。

 

そういった点は見習い、日本のイメージもより楽しいものになってくれるといいなと思います。