カンボジア(首都プノンペン)の2017年時点の治安を写真つきで紹介します

カンボジアって安全なんですか?

f:id:cambox:20170615232809j:plain

こちらは私が撮影した、カンボジアの首都プノンペンにあるイオンモール1号店。)

 

カンボジアに行きますというと、10人中9人くらい人が下記のうちのどれかの反応をする。

 

・治安は大丈夫?

・テロとか心配じゃない?(ISIS的な事を言っているらしい。)

・あれでしょ?ポルポト

・地雷で怪我しないでね?

・ドロボウとかスリとか多そう

・食べるものとかあるの?

 

たいていはこんな感じで、カンボジアに対するイメージは良くない。

 

たぶんカンボジアに行ったことのない人のほとんどが、爆弾や地雷で壊された建物に人々が住んでいて、その周りを銃を持った軍人がうろついているようなイメージなのだろう。

 

私もカンボジアの首都プノンペンに到着するまでに、グーグルストリートビューなどで何度も現地を確認したが、それでも不安は消えなかった。

 

というわけで、これからカンボジアに行ってみようかと思っている人に少しでも参考になるように、私の2017年の滞在中に撮影した写真を載せつつ、カンボジアの現状を紹介していきたいと思います。

 

【目次】

 一般的な町並み

f:id:cambox:20170615233723j:plain

これは私が泊まっていたホテル付近で撮影した写真です。

 

モニボン通りを少し曲がったあたりだったと思います。

 

集合住宅の1階部分にお店が入っていることが多く、2・3階はマンションやアパートのようになっています。

 

一軒家はまだまだ少ないですね。

 

歩道には中古の車が停めてあって、欲しかったら電話してくれと電話番号がはさんであったりします。

(歩道に停車している車が多いと、道幅がかなり狭くなり通りにくいことも多々あります。)

 

1ヶ月間、私はトゥクトゥクをほとんど使わず、リュックサックを背負い徒歩で1日4時間ほど行動していましたが、スリやひったくりにはあいませんでした。

 

最初の3日間は、カンボジアなんて絶対信用できない国だ!!と思い、偽札やお釣りのごまかしにもかなり注意していたのですが・・・。

 

1週間もすると、全然警戒しなくなりました。

(というか3$の支払いに4$渡したら、あの・・多い・・みたいな困った顔をしてきます。)

 

はっきり言いますと、一般的な海外旅行で注意するようなことを守っていれば、カンボジアは全然危険ではないと思います。

 

※私自身あまり警戒はしなくなったと書きましたが、背後からバイクの音がしたら身構える、所持金をむやみに増やさない・見せない、ホテルのキャリーバッグには都度鍵をかける、セーフティボックスを使うなど、最低限の事は必ずやっていました。

 

カンボジアではスリや置き引きが多いと聞いていたので、気を張っていたのですが、2017年現在、歩きスマホをしている白人や、カメラをプラプラぶら下げている観光客、ルイヴィトンで派手に着飾った黒人、トゥクトゥクに乗りながらスマホをいじる観光客などなど、皆さんかなり油断できる環境のようです。

(少し気をつけるだけでスリやひったくりのターゲットは上記のような油断しきっている人に移る、とも言えますね。)

 

海外旅行で気をつける最低限の事は、以下の外務省のページや、カンボジアのけんさんのブログが参考になりますよ。

www.anzen.mofa.go.jp

cambodia-life.info

一般的に海外で注意することと言えば、こちらです。

 

・部屋の鍵だけでなくドアロックを併用する。

・セーフティボックス(すぐに持ち運びできない重さか確認)を使う。

・外出時に貴重品を必要以上に持たない。

・お金持ちであることをアピールして目立つようなことはやめる。

・ホテルのキャリーにも鍵をかけておく(海外旅行の盗難保険のためにも)。

・すぐにひったくられるようなカバンの持ち方をせず、斜めがけをする。

・背後に気をつけ、荷物から目を放さない。

 

こういったことに注意するのは海外では当然ですので、気をつけましょう。

 

衛生状況

f:id:cambox:20170615235629j:plain

(写真はゴミをつついているニワトリ)

 

首都プノンペンでもこのようにゴミが散乱している場所がたまにあります。

 

さすがにその周りは非常にくさく、毎回私も鼻をつまんでいました。

 

びっくりしたのは、結構な頻度でニワトリがゴミをつついて食べてるんですよね。

 

そのニワトリが産んだ卵が屋台に出ていたり、肉が調理されていたりしたらと思うと、ちょっと屋台のご飯は食べられなくなりましたね。

 

コンビニのスマイルやスーパーのラッキースーパーマーケットで何か買う分には、特に食品の衛生を意識することはないと思います。

イオンモールでさえ果物コーナーにはハエがいますけどね。)

 

他には、塗装スプレーを普通に道路に向けて使っていたり、工事現場からの砂埃が舞い上がったりと、あまり健康に良くはなさそうな場面にちょくちょく通りかかります。

 

カンボジアを歩くなら、マスクを装着していかれたほうがいいと思います。

 

病気など

f:id:cambox:20170616000259j:plain

(画像はイオンモールに向かう途中にあった大きな建造物)

 

海外旅行中に起きたら1番嫌なことと言えば病気です。

 

実は私、滞在開始から3日間、ストレスと地理に不慣れだったことからほぼ飲まず食わずだったため、かなり免疫が落ちていました。

 

免疫が落ちたせいか、しばらくの間歯茎がはれたり、胃腸の調子がよくありませんでした。

 

なんとかイブなどの鎮痛剤などで事が収まったので良かったのですが、カンボジアで病気になった場合どうすればいいのでしょう?

 

プノンペンに限って言えば、地元雑誌に紹介されているほどメジャーな日本人在籍病院もありますので、何かあっても日本語が通じる医師に見てもらえるという安心感がありました。

 

ただ、アンコールワットなどがあるシェムリアップに関しては私はあまり詳しくありませんので、カンボジア旅行をする前に、自分の滞在地域の病院の住所と連絡先くらいはメモしておきましょう。

トゥクトゥクの相場

f:id:cambox:20170616000938j:plain

(画像は信号はあるのに横断歩道が無い奇妙な道路の写真。)

 

2017年のカンボジアでのトゥクトゥクの簡単な相場ですが、グーグルマップで5分以内にいける場所は1$です。

 

10~15分なら2$~3$です。値切るときは大体2.5$で決着していました。

 

普段3$くらいで行けている場所なのに4$とか言ってくるドライバーさんもいます。

 

私の体験から言うと、そういう人のトゥクトゥクは運転が荒かったり、あまり綺麗でなかったり(防犯対策が弱いと意味でもある。)、降りた後の営業がしつこかったりであまり良いイメージがありません。

 

カンボジアに行く前に、現地の友達を作っておくと、グーグルマップで2.5Kmなんだけど、いくらかなあとか聞けて便利です。

(実際私もそれで相場がわかり、安心して移動できました。)

 

地雷はあるの?

簡単に言えば、普通観光客が行くような場所にはありません。

 

田舎の道はずれにはまだあるらしく、それを全て除去するにはあと100年かかるそうです。

(私が小学校で習ってたときもあと100年って言われた気が・・・)

 

 

さて、カンボジアに初めていく方が気になりそうな情報を少しまとめさせていただきました。

 

私以外にもたくさんの方が、本当はカンボジアって楽しいよ!という情報を発信していますので是非1度検索して見てください。