カンボジアと交通状況と安全な道路の渡り方

カンボジアの交通状況

f:id:cambox:20170617205925j:plain

プノンペンタワー近くで私が撮影した写真です。

 

これだけ見るとそうでもないですが、車のほかにバイクとトゥクトゥクが混ざり、夕方の17時後半頃からとんでもない渋滞になります。

 

そうなると、中々すすまないイライラからか、路側帯を走ったり、逆走して無理やり空いている道に入るタクシーやトゥクトゥクが増えます。

 

ただでさえ、交通量が尋常ではないカンボジアプノンペンです。

 

歩行者が道路少しでも安全に渡ることのできる方法を、今回は紹介いたします。

 

【目次】

カンボジア交通違反取り締まり状況

f:id:cambox:20170617210650j:plain

(画像はプノンペンで見かけた看板。たぶんスピードを落とせというもの?)

 

カンボジアの首都プノンペンでの交通違反者の取締りですが、おそらく年々厳しくなっていっています。

 

街中に取り締まりのための警官がたくさんいますし、実際にカンボジア人も捕まって事情聴取を受けている風景を2日に1回は見かけました。

 

ですので、私が想像していたようなとんでもない運転をする方はあまり見かけません。

 

しかし、日本基準で考えてしまうと、どうしても最初のうちは全てとんでもない運転に見えてしまいますね。

 

カンボジアの道路を安全に渡る前提

f:id:cambox:20170616000938j:plain

(こんなふうに歩行者信号があればそれに従いますが、ない場所は車の信号を見るか無理やり抜けるしたありません。)

 

まず前提として、カンボジア人が運転する車・バイク・トゥクトゥク全て「歩行者優先」ではありません。

 

仮にあなたが、信号が青になったので横断歩道を渡っていたとします。

 

ですが普通にバイクやトゥクトゥクが、赤信号になっている側から走ってきてあなたの進行方向の前で停車します。

(横断歩道の前で止まればいいのに止まらない!)

 

こんな運転をするカンボジア人ですので、基本的に歩行者を優先してはくれないと思ってください。

 

カンボジアで道路を横断するコツ

 

さて、カンボジアで安全に道路を横断するコツですが、ずばり、よける優先順位をつけることです。

 

カンボジアの道路を走行している車両の9割が、車・バイク・トゥクトゥクで占められています。

 

優先して避ける方から並べていくと、車、早いバイク、トゥクトゥク、普通か遅いくらいのバイク、遅いトゥクトゥクになります。

 

なぜこのような順番になるかといいますと下記のような理由になります。

 

まず車なのですが、ブレーキを99%かけてきませんし、最悪減速もしてくれません。

 

止まる気を一切感じさせないのがカンボジアの車です。

 

ですので車が近くまで来たら私は一旦待ちます。

 

次に早いバイクなのですが、単純に危ないからです。

 

避けてくれたり減速もしてくれるとは思いますが、やっぱり危ないですよね。

 

さて、前者2つがいなくなったタイミングが、信号のない場所では渡り時になります。

 

まず、バイクなのですが基本的に人が自分の進行方向前方に来ると減速します。

 

ですので、ある程度の距離があれば、バイクが向かってきていても進行して大丈夫です。

(バイクは加減速のしやすい乗り物ですし、意外と大丈夫です。)

 

次にトゥクトゥクですが、この中で1番遅い乗り物になりますので、普通に気をつける程度で大丈夫です。

 

ただし、バイクが遅いトゥクトゥクをすり抜けて進もうとしてきたりするので注意しましょう。

 

これを頭の中に入れておけば完璧!とは言えませんが、少しは渡りやすくなると思います。

 

1番いいのはカンボジア人と一緒に渡ってみることですが、意外と彼彼女らは体力がないので1時間も歩けばヘトヘトになるようです。

(日本人元気ねといわれました。)

 

絶対にやってはいけないこと

f:id:cambox:20170617213544j:plain

 

カンボジアを歩く上で絶対にやっていけないのが、歩きスマホです。

 

盗難されるからという理由もありますが、すごく危ないです。

 

危ない要因としてはこんな感じ。

  1. 横断歩道が青になった瞬間だと、まだ赤になった側からバイクがきていることが多い。
  2. 街中が砂やドロですべることがあり、怪我をする。怪我をすると消毒をはやめにしないと炎症を起こしうる。
  3. 工事中の歩道の段差に躓いたり、取り外してあったマンホールに気づかず、落ちる可能性がある。

スリの例で言うと、歩きスマホをしているうちに、カバンからすられていても気づくことができません。

 

ddnavi.com

こちらの記事でも、ながらスマホは注意力が散漫になることが指摘されています。

 

ながらスマホ・歩きスマホは、カンボジアでは絶対に行わないようにしてください。

 

いかがでしたでしょうか?

 

どうしても渡れない!ここはどうするの?と質問がある方は、画像つきでコメントくださってもかまいませんよ!

 

カンボジアの道路横断に参考になれば幸いです。