バッファロージャーキーでバキ気分にinカンボジア

地上最強!?のジャーキー

f:id:cambox:20170625185918j:plain

 

「男子はねーー誰でも一生のうち一回は地上最強ってのを夢見る」範馬刃牙

てなわけで、常日頃病弱な私も、地上最強とまではいかずとも身体を丈夫にしたいと思うわけです。そんな私がカンボジアのラッキースーパーマーケットで見つけたのがバッファロージャーキー。今回はこちらを紹介していきたいと思います。

 

東洋医学的に考えれば、、、丈夫になるはず。

(同物同治には現在あまり根拠はないそうですが。)

「同物同治」(どうぶつどうち)とは - コトバンク

中国の薬膳(やくぜん)には、「同物同治(どうぶつどうち)」という言葉があります。
 これは体の中の不調な部分を治すには、調子の悪い場所と同じものを食べるのがいい、という考え方
 つまり、肝臓の悪いときには、牛、豚、鶏などの肝臓(レバー)を、胃の病気のときは胃(ガツ)を、心臓が悪いときは心臓(ハツ)を、腎臓疾患のときは腎臓(マメ)を食べると、回復に役立つということです。
 中国では、副生物が精肉以上に大事にされ、値段も高いといいますが、それにはこうした健康に対する考え方も、大きく関係しているのです。

 

バッファロージャーキーの実物がこち

f:id:cambox:20170625191103j:plain

100g以上はいって約500円は非常に嬉しい価格です。

味付けは臭み消しのショウガ、ニンニク、酒の他に砂糖を加えたような若干甘めな味付けです。日本のしょうゆベースのビーフジャーキーとは違った味です。

 

私はかっこつけなので、人が牛や豚を食ってるときに「ラム」とか言っちゃってたいして美味しくもないラムを食べちゃったりしますが、これは当たりです!!バッファローって~~~~ンマイ!!

(ラム全部がまずいのではなくて、その辺の店がメニューのにぎやかしに入れてるラムをそんなにうまくないのにかっこつけて頼んじゃいますって話。ラムは私は大好きですよ。)

 

シェムリアップドライドバッファローとありますが、普通にプノンペンで購入できました。

 

f:id:cambox:20170625191845j:plain

 

ちなみにビーフジャーキーも売っていました。

こちらも食べましたが、意外にもバッファローの方が臭みも少なく食べやすい味でした。バッファローの方が筋張ってなく食べやすかったし。

 

ちなみにお土産にできるのか?

f:id:cambox:20170625192208j:plain

 

肉製品などのおみやげについて:動物検疫所

現在、多くの国で家畜の病気が発生しており、また、おみやげや個人消費用のものは検査証明書の取得が難しいため、肉製品や動物由来製品のほとんどは、日本へ持ち込むことができません。

不正な持ち込みは、罰則の対象となりますのでご注意ください。

 

とのことらしく、持ち込みは不可能かと思われます。

 

美味しいバッファロージャーキーは是非、現地のカンボジアで味わって見てください。